プロフィール

なっち

Author:なっち
関東地区の南の方で尻尾のない夫×1と尻尾のある子供達と毛だらけ生活を送っています。

 ~~~~~~~~~~~~~~


☆ナツ☆
私の最愛の娘であり魂の一部。2008年2月15日生まれ
2013年6月13日骨肉腫の為永眠しました。
今は母からナツへの手紙が時々届きます。



☆胡晴(こはる)☆
2013年9月23日茨城県のとある場所で母犬と兄妹7匹で保護されました。
同年12月末。縁あってわが家の長男に納まる。



☆胡晴の兄妹達☆
茨城県でずっとのおうちを募集中です。
(写真をクリックして頂くと詳細に飛びます)

最新記事
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
みんな幸せになりますように
ナツも胡晴も利用してます
GREEN DOG
☆ナツの好きなもの♪☆
ドットわんチーズ
ドットわんクッキー
仔牛のあばら骨♪
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

いらっしゃいませ♪
クリックで救える命がある
クリックで救える命がある。
☆ずっとのおうちを探しています☆
胡晴の兄妹犬の里親様を募集中です!!
検索フォーム
生食始めました。
胡晴の主食
とりあえずこれをベースに肉と野菜を混ぜたご飯で模索しています。
オススメサプリ♪
かかりつけの医師に薦められて続けてます。
RSSリンクの表示
もしかして気になってる?
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
☆私のお気に入り☆
【33%sale】ミルボン プレジューム ドロッ...

【33%sale】ミルボン プレジューム ドロッ...
価格:1,266円(税込、送料別)

★これとってもいい香りなんですわ♪★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一年前

ちょっと過ぎちゃいましたが6月13日はナツの命日でした。
一年前のあの日の夜、かなりレベルが落ちてるなーと感じてたんで、今夜は徹夜で看病して朝になったら病院連れて行こうと思ってんだよ。
親孝行なおまえは夜中過ぎにたたき起こした父ちゃんと、母ちゃんの腕の中で静かに逝ってしまったね。
そのあとお前のベットで朝まで一緒に眠ったのが昨日のよう思えるよ。


IMG_0143.jpg



あっという間だったなー。
ナツがいない2回目の夏がまたやってきたよ。

ナツがちぎって持っていた魂は再生することはないし
胸にぽっかり空いた穴はふさがることもない。って事がわかった。
おまえの事は毎日思ってるよ。

ただ、生きてる奴は手がかかるんだよ。
メシ食って、うんこして、遊んで、うんこして。。
まして、相手はまだまだじゃりんこだ。


IMG_0141.jpg



だから、父ちゃんと母ちゃんが胡晴ばっかりかまっててもやきもち妬いたりしちゃいけないよ。

お前の事はずっとずっと思ってる。


IMG_1656.jpg



愛してるよ。


ナツのかわいい弟、胡晴の兄妹達の里親様を募集しています。
保護主様のブログはこちら→


banner.png
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村












スポンサーサイト

テーマ:わんことの生活
ジャンル:ペット

「痛み」

ナツへ

いよいよ小笠原に出発ですよ。準備はいいですか?

あなたがお空に行ったとき母さんは痛くて痛くてしょうがありませんでした。

よく「心に穴があく」という表現をしますが母さんの場合はちょっと違う。と思いました。

からだの中の胸の奥の「何か」が「引き千切られた」思いがしました。

その「何か」の正体はなんだかよくわかりませんが母さんは「たましい」じゃないかしらと思います。

その「たましい」が引き千切られて痛くて痛くてしょうがない。

本当に大切なものを失うと「痛み」があるんだって事をしりました。

「痛みは」だいぶ和らいできましたがなくなることはありません。そして自分でしっかり踏ん張ってないとすぐにまた痛みだします。

「油断大敵」ってとこですね。

それから「千切られたたましい」もそのままです。たとえ傷口がふさがっても「千切られたたましい」は再生しません。

でも、母さんはそれでいいと思います。だってその「千切られたたましい」は千切ったのはナツで今はナツと共にあるんだから。

たぶんナツの元には母さんと父さんのふたりぶんの「たましいのカケラ」があるはずです。

「痛み」も「悲しみ」も「千切られたたましい」も治ったり、消えたりすることはない。

普段は隠してるけどず~っと心の奥底にくすぶっている。

でも、ま、それも「あり」かなって思います。

大人の人間のほとんどはみんなそうじゃないのかな。ってふと気がつきました。「痛み」も「悲しみ」も全くないのって産まれたばかりの「赤ちゃん」だけなんじゃないかと。

こんな話されてもナツにとっては「なんのこっちゃ?」ですよね。

ごめんね、つまらない話ばかりして、母さんの心の整理にもう少しお付き合いください。

今日もニコニコ笑顔で

感謝しています。

母より 



手紙6

ほねはほね

ナツへ

相変わらず父さんは早寝です。

早起きだからしょうがないですね。

ナツはゆっくり眠れてますか?

いよいよ明日から小笠原です。ナツがいないので明日は電車で竹芝まで行くそうです。

そんなの久しぶりだからちょっと緊張します(笑)

ところで、今回小笠原に行くにあたって母さんはナツの骨を骨壷ごと持っていこうかと考えました。

それと、いつでも一緒にいられるようにあなたの骨をペンダントにでも入れて持ち歩こうかとも思ってた。

でも、やめました。

だって骨はただの骨だもの。魂はここにはいない。

じゃあどこにいるの?って聞かれても母さんにはよくわかりません。あえて答えるなら「どこにでも」

私がいて欲しいと思うところにナツはいる気がします。違いますか?

だから、ナツを思って毎朝骨の前で話しかけて、お線香あげて、お花もきれいに飾るけど、小笠原に行くときは骨は骨。都合よすぎるかな?

あ、いつもお線香あげてる写真は持っていくね。それと、小さな花瓶。ファミリーのお庭はお花でいっぱいだと思うから

心はいつもあなと。

愛しています。

母より


手紙3

混乱しているという事

ナツへ

昨日の夜中からすごい雷雨でなんだか落ち着きません。

ナツは大丈夫ですか?

昨日、母いま「混乱」してるといったけどそれがどういう事なのか文章に書いて整理してみようと思います。

ナツがお空に旅立ったとき、私も父さんも「やれるだけの事はやった」ので寂しくて、悲しかったけど後悔はありませんでした。

だけど、時間が経つにつれて母さんはだんだん自信がなくなってきてしまったのです。

「もっともっとやれること」があったんじゃないか?とか「やれるのに、忙しさにかまけて気がつかない振り」をしていたことがあたんじゃないか?とか

母さんはバカですね。いまさらそんなこと考えても仕方がないに

でも、体の奥のほうからそんな考えがもくもくとわき上がってきてしょうがないのです。

「ナツにはもっと違った治療法があった」

違う選択をしていたら今もあなたと一緒に入れたんじゃないだろうか?と

もっと言えば「若くて美しいあなた」がどうしてこんなにも早く逝ってしまわないといけなかったのか

「運が悪かった」せいなのでしょうか?それともこんな酷い「しうち」を受けなくてはいけないほど母さんが「悪い人」だったからでしょうか?

いくら考えても母さんにはわかりません。

病気にさせてしまい、助けてあげられなくてごめんなさい。

たぶん、なにもかも全部母さんが悪いのです。

ナツはなにも悪くありません。全部母さんのせいなのでお空では何も考えずに楽しく過ごしてください。

ナツにはとても感謝しています。母さんと父さんを5年も「世界で一番」幸せにしてくれました。

ナツがいただけで本当に日常は「輝いて」いました。

それも、今思えばです。

何もないただの日。朝起きて、散歩に行って、ご飯を食べて、仕事から帰るとあなたが大喜びで迎えてくれて、散歩に行って、ご飯を食べて、眠る。

何か特別なイベントなどなくても毎日はキラキラしていました。

人間は心臓が止まって死んでしまっても、聴覚は最期まで残っているそうです。

犬はどうですか?

父さんも母さんもあまりにも大声でナツの名前を叫び続けたからうるさかったんじゃないでしょうか?

ちゃんと「ありがとう」が言えてたか心配です。ちゃんと伝わってたでしょうか?

ありがとう、私達の娘でいてくれてありがとう。

愛しています。

母より


手紙2


ナツへ

ナツへ

ナツ。私のかわいい大事なナッちゃん。元気ですか?

死んでしまったあなたへ「元気ですか?」はおかしい話ですね。

母さんも、父さんもなんとか過ごしていますよ。

あなたがいなくなってもうすぐ3ヶ月たちます。

だからなんだということもないんですがね。

今年の夏は暑かった。今もまだ暑いけど夜は少しましになりました。

なんで、急にお手紙を書く気になったかというと

私の大好きな太陽のような知り合いが文章に書くと気持ちが落ち着くと教えてくれたからです。

聞いたのはずいぶんと前ですが、何を書いていいのかわからず今になってしまいました。

母はまだ「混乱」しています。

今年の8月は小笠原には行きませんでした。9月に行くことにしました。今週末に出発です。

なんだか支離滅裂になってしまいましたね。

愛を込めて いつも笑顔で

母より
手紙
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。